PDF電子帳票システム

電子帳票システム導入の課題

新規導入時の課題

  • 紙での帳票業務を効率化したい
  • 紙での帳票運用に関わるコスト削減したい
  • 帳票運用のリスクマネジメントを強化したい
  • e-文書法(スキャナ保存)に対応したい
  • 対応したいが、何から始めたら良いのか解らない
  • スモールスタートしたい
  • クラウドで利用したい

リプレイス時の課題

  • 移行コストをかけたくない
  • 使い勝手が悪い
  • 利用範囲を拡大したい
  • e-文書法(スキャナ保存)に対応したい
  • 対応したいが、何から始めたら良いのか解らない
  • ランニングコストを抑制したい
  • クラウド化したい

基本構成

対象文書:基幹システムや業務系システムから出力される帳票データ

PDF電子帳票システム 基本構成

コスト削減

  • 紙のコスト削減
  • 印刷コスト削減
  • 配送コスト削減
  • スペースコスト削減
  • 帳票分類・廃棄コスト削減

業務効率向上

  • 情報共有が容易
  • 必要な帳票がすぐに見つかる
  • 紙帳票管理にかかる時間が削減
  • 帳票データ活用が容易
  • スマホ・タブレット上での閲覧・加筆による現場の生産性向上

リスクマネジメント強化

  • 電子化による情報漏えいリスクの低減
  • ログ取得による履歴管理の徹底
  • きめ細かなアクセス権限・閲覧権限設定
  • タイムスタンプ付与による改竄有無管理
  • 原本の汚損・破損・紛失リスク低減
  • 帳票のバックアップ
  • BCP対策

リプレイス時のメリット

DOCUMENT MARKは、リプレイスを検討しているが、様々な理由で既存の電子帳票システムを使い続けなければならないお客様のお悩みを解消します。

悩み1.他社製品へのファイルフォーマット変換にかかる移行コストが莫大なためリプレイス出来ない

PDFで取り込み可能なので既存の独自フォーマットファイル資産を活かす事が出来ます

悩み2.スキャナ保存に対応したいが既存製品には機能追加されない

既存の電子帳票システムはそのままで、e-文書法(スキャナ保存)に対応可能

悩み3.取引先まで利用範囲を拡大したいが、クライアントアプリが必要なので利用範囲が限定される

PDFにより利用範囲は気にせず利用可能。また高速検索・アクセス制御・ファイル加工等の機能も全てPDFで利用可能

悩み4.複数の帳票システムを利用しているが、それぞれのコスト負担によりランニングコストが抑制できない

複数の帳票システムをご利用の場合でも、PDFでシームレスに連携・移行・統合することで重複していた運用コストを削減可能

ポイント

現在ご利用の電子帳票システムや、紙、マイクロフィルムといったものから、新しい電子帳票システムへ移行するとなると、電子帳票特有の独自フォーマットへのコンバージョン作業(プログラム作成・テスト工程・変換データ確認作業)などが発生し、かなりの時間とコスト(数百万~数千万)が必要となります。

DOCUMENT MARKであれば、PDFファイルをすぐに取り込むことが可能ですので、移行への時間とコストが大幅に削減することが可能となります。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6821-2345

受付時間:平日 10:00~18:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

メールでのお問い合わせ